利用規約

この利用規約(以下「本規約」と言います。)は、irucabot運営者(以下「当方」と言います。)がこのウェブサイト上で提供するすべてのサービス(以下「本サービス」と言います。)の利用条件を定めるものです。本サービスの利用に際しては、本規約の全文をお読みいただいたうえで、本規約に同意いただく必要があります。

第1条(適用)

本規約は、ユーザーと当方との間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されるものとします。

第2条(利用登録)

本サービスにおいては、登録希望者が本規約に同意の上、当方の定める方法によって利用登録をすることによって利用登録が完了するものとします。

第3条(禁止事項)

ユーザーは、本サービスの利用にあたり、以下の行為をしてはなりません。

  1. 法令または公序良俗に違反する行為
  2. 犯罪行為に関連する行為
  3. 当方が提供するTwitter用ツールを利用する際に、Twitterルールに違反する設定をする行為
  4. 当方のサーバーまたはネットワークの機能を破壊したり、妨害したりする行為
  5. 当方のサービスの運営を妨害するおそれのある行為
  6. 不正アクセスをし、またはこれを試みる行為
  7. 他のユーザーに関する個人情報等を収集または蓄積する行為
  8. 不正な目的を持って本サービスを利用する行為
  9. 禁止行為によって本サービスの利用停止措置を受けたにも拘わらず、他のアカウントを利用して新たに本サービスを利用する行為。
  10. その他、当方が不適切と判断する行為

第4条(禁止行為に対する措置)

ユーザーが本規約の禁止事項に違反した場合、当方は、ユーザーに対する本サービスの利用停止、アクセス遮断、設定メッセージの削除等を当該ユーザーへの通知なしに行うことがあります。

ユーザーが禁止行為によって本サービスの利用停止措置を受けた場合は、原則その措置を解除することはありませんが、ユーザーがその措置に対して当方の定める方法で異議を申し立て、その申し立てが認められた場合は利用制限を解除することがあります。

第5条(本サービスの提供の停止等)

当方は、以下のいずれかの事由があると判断した場合、ユーザーに事前に通知することなく本サービスの全部または一部の提供を停止または中断することができるものとします。

  1. 本サービスにかかるコンピュータシステムの保守点検または更新を行う場合
  2. 地震、落雷、火災、停電または天災などの不可抗力により、本サービスの提供が困難となった場合
  3. コンピュータまたは通信回線等が事故により停止した場合
  4. その他、当方が本サービスの提供が困難と判断した場合

当方は、本サービスの提供の停止または中断により、ユーザーまたは第三者が被ったいかなる不利益または損害についても、一切の責任を負わないものとします。

第6条(利用料金)

本サービスの利用は全て無料です。ただし、本サービスを利用するための通信機器、通信にかかる費用は除きます。

第7条(免責事項)

本サービスの利用に際して、必要な利用環境(通信機器・ソフトウェア・通信回線)は、ユーザーが各自の責任と費用にて用意するものとし、当方はユーザーの利用環境について関与せず、一切の責任を負いません。

ユーザーは、自身の責任において本サービスを利用するものとし、本サービスにおいて行った全ての行為およびその結果について一切の責任を負うものとします。

本サービスのコンテンツ・情報については、可能な限り正しい情報を掲載する努力を致しますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなってしまう可能性もあります。

本サービスに掲載された内容により、生じた損害等については一切の責任を負いかねます。

また、本サービスが提供しているツールを利用したことによって生じた損害等については一切の責任を負いかねます。

また、本サービスからリンクやバナーなどを通じて他サイトに移動された場合、そのサイトで提供される情報やサービスなどについて、当方を一切の責任を負いません。

当方の債務不履行責任は、当方の故意または重過失によらない場合には免責されるものとします。

本サービスで提供しているツールを利用してTwitterでのメッセージを設定した場合は、当方はそのメッセージを確認できるものとします。これは規約違反のユーザーをチェックする目的のみで使用します。

第8条(サービス内容の変更等)

当方は、ユーザーに通知することなく、本サービスの内容を変更しまたは本サービスの提供を中止することができるものとし、これによってユーザーに生じた損害について一切の責任を負いません。

第9条(個人情報の取り扱い)

本サービスの利用に際してユーザーから取得した個人情報は、別途定める「プライバシーポリシー」に則り取り扱われます。

第10条(利用規約の変更)

当方は、必要と判断した場合には、ユーザーに通知することなくいつでも本規約を変更することができるものとします。なお,本規約の変更後、本サービスの利用を開始した場合には、当該ユーザーは変更後の規約に同意したものとみなします。

第11条(通知または連絡)

ユーザーと当方との間の通知または連絡は、当方の定める方法によって行うものとします。

第12条(権利義務の譲渡の禁止)

ユーザーは、当方の書面による事前の承諾なく、利用契約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務を第三者に譲渡し、または担保に供することはできません。

第13条(準拠法)

本規約の解釈にあたっては、日本法を準拠法とします。

2021年9月4日 制定